関節痛のためにアミノ酸を摂取する人は多いですが、アミノ酸と併せてコンドロイチンを摂取することで、効果的に関節痛を改善することができます。
コンドロイチンは軟骨の構成成分であり、軟骨の健康を維持する軟骨液の成分でもあるんです。

関節痛には、アミノ酸とコンドロイチンが効きます。
アミノ酸は軟骨再生に必要なコラーゲンの成分であり、コンドロイチンは軟骨や軟骨の健康維持に働く軟骨液の成分なのです。
ここでは、アミノ酸とコンドロイチンの効果や摂取方法などを詳しくご紹介します。

【関節痛の原因は軟骨!】

関節の骨と骨との間には軟骨がありますが、関節を動かす際にすごく大切な役割をしています。
その名の通り、柔らかい骨であるため、骨にかかる衝撃を抑えるクッションの役割があります。
また、関節を動かす際に骨と骨が触れることがないようにしてくれます。骨と骨がこすれ合ってしまうと、骨が磨り減ってしまいますよね…。

関節痛が生じるのは、この軟骨が磨り減ってしまうことが原因となります。関節痛は、全身のどの関節にも発生する可能性がありますが、特に肩・腰・ヒザに発生しやすいのは、体重による負担がかかりやすいからです。

関節の健康を維持する関節液も関節痛の原因に!

関節には関節液という関節の軟骨に栄養を運んだり、古くなった成分(老廃物)を排出する働きを持つ成分があります。この関節液が関節の健康を維持してくれているんです。

そのため、関節液がスムーズに循環されなくなると関節の健康が維持できず、関節痛を生じやすくなります。

【アミノ酸とコンドロイチンが関節痛に効くワケ】

軟骨はコラーゲンで構成されていますが、コラーゲンはアミノ酸でできています。そのため、アミノ酸はコラーゲンの生成に不可欠な成分です。
コラーゲンは軟骨を再生する働きがありますから、アミノ酸を摂取することで十分にコラーゲンが生成され、すり減った軟骨を補修し、関節痛を改善することができるのです。

また、コンドロイチンは軟骨の約30%を占め、軟骨液の成分でもあるムコ多糖の一種です。
コラーゲンと同様に軟骨を生成する成分ですし、軟骨の健康を維持する関節液の循環を良くするために必要な成分です。
コンドロイチンは、すり減った軟骨を再生し、軟骨の新陳代謝を良くするために必要な成分なのです。

【アミノ酸・コンドロイチンの摂取方法】

アミノ酸・コンドロイチンを多く含む食品には、次のようなものがあります。

成分

多く含む食品

アミノ酸

鶏卵・牛乳・チーズ・鮭・鰹・鶏肉・牛肉 など

コンドロイチン

フカヒレ・納豆・オクラ・山芋・鶏肉の軟骨 など

コンドロイチンは食品からも摂取でき、納豆やオクラなどのネバネバした食品にも含まれています。しかし、納豆などの比較的安価に手に入る食品に含まれているコンドロイチンは微量なので、十分に摂取するのは難しいです。
また、フカヒレにはコンドロイチンが多く含まれていますが、日常的に摂取するのは難しいですよね…

アミノ酸をバランス良く効果的に摂取するためにサプリメントが用いられますが、コンドロイチンも医薬品やサプリメントならば効果的に摂取できます。

コンドロイチンを摂取できる医薬品を見つけましたので、紹介しておきます。
日本薬師堂のグルコンEXは、コンドロイチンだけでなく、関節痛を緩和するビタミンB1硝酸塩や自律神経に作用して痛みを抑える作用があるガンマオリザノールを含みます。一般用医薬品の中でも第三類医薬品に分類され、安全性が高く安心して摂取できます。また、医師の処方箋が必要なく、インターネットで購入できるので手軽です。

関節痛の緩和には 軟骨成分コンドロイチンの摂取が有効!

コンドロイチンを摂取するなら日本薬師堂のグルコンEX

コンドロイチンは食べ物で十分に摂取できないため、医薬品で摂取する必要があります。関節痛の改善に不可欠な成分であるため、関節痛に悩んでいる人におススメです。

【コンドロイチンは体外から摂取する必要がある】

コンドロイチンは、体内で生成される成分なのですが、年齢を重ねるごとに生成される量が減少してしまいます
そのため、関節痛は年齢を重ねるごとに起こりやすくなるのです。
40歳くらいから急激に減少するとされているので、注意が必要な成分でしょう。

先にも紹介したように、食べ物では十分に摂取しにくい成分であるため、医薬品やサプリメントで摂取することが必要です。

  • バリン - 筋肉を育てるValine
  • アミノ酸配合品の効き目は? - 「アミノ酸配合」は本当に効くのか

  • ヒザの痛みには水中ウォーキングが良い

    ヒザの痛みには水中ウォーキングが良い

    ヒザの痛みがある場合、太ももの筋肉を鍛えることで痛みが軽減されますが、陸上の運動では負荷がかかりやすいため、水中歩行が適しています。

  • コンドロイチンは肌にも良い

    コンドロイチンは肌にも良い

    コンドロイチンは皮膚組織の真皮層にも多く含まれています。コンドロイチンは保水力が高く、みずみずしく、ハリのある肌を作ってくれます。

  • 関節の軟骨は痛みを感じない

    関節の軟骨は痛みを感じない

    関節の軟骨には神経がないため痛みを直接感じません。関節の痛みは、軟骨がすり減ったりする事によって、周囲の神経に刺激が与えられるためです。

 
 

  • 【アミノ酸の基礎知識】アミノ酸のメリット・種類・効率的な摂取方法をご紹介
  • 【必須アミノ酸9種とその働き】体内で作られない摂取しなければいけない栄養素
  • 【非必須アミノ酸11種について】体内で作られるアミノ酸の効果的な摂取方法と効果
  • 【アミノ酸コラム】デメリット、ダイエット、効果、GABA気になることを全て解決!