d11vvv

プロリン〜コラーゲンを作る/Proline

皮膚や軟骨を形成する際に必要となるコラーゲンは、歳を取るごとに体内から失われやすくなっていきます。
そのため「コラーゲン配合」を謳った健康食品が人気を集めていますが、食事で摂取したコラーゲンはアミノ酸に分解されるためコラーゲンとしてそのまま利用されるわけではありません。

体内でのコラーゲンの合成を促進する作用があるプロリンとはどのような性質を持ったアミノ酸なのでしょうか?

プロリンの効果について

非必須アミノ酸の一つであるプロリンは、体内ではアンモニアが尿素に変化する過程で合成されるアミノ酸・オルニチンから合成されています。
プロリンは、体内に吸収されたたんぱく質やアミノ酸からコラーゲンを合成する機能を促進させる働きを持っています。
また、心臓を構成している心筋を合成する際の材料としても使われています。

プロリンを摂取することで紫外線を受けて壊れた皮膚のコラーゲンを再生するため、シワやシミ・そばかすを防ぐ役割を果たします。
肌周辺にプロリンが多ければ多いほど肌は弾力のある張りと、つるつるした艶やかさが際立ちます。
また、プロリンには脂肪燃焼を促進する効果があります。

プロリンは、脂肪分解酵素であるリパーゼの分泌を促進し、脂肪を脂肪酸に分解してエネルギー源として消費しやすくする働きがあります。
この脂肪燃焼効果と前述のコラーゲン合成促進効果が相まって、プロリンは女性にとって重要な意味を持つアミノ酸となっています。

プロリンの過剰摂取と摂取不足について

プロリンは過剰摂取による副作用が確認されていないため、多少摂りすぎても問題はないと思われます。
しかし、一種類のアミノ酸を1日10g以上摂取するとショック症状を引き起こす危険性があるため摂り過ぎを警戒しておくのがベストでしょう。

プロリンが不足すると、コラーゲンの合成量が減少してしまいます。
コラーゲンが減少すると皮膚に出来た傷の治りが遅くなったり、膝や腰に痛みを感じやすくなったりといった影響が現れます。
また、肌の張りが弱くなってシワが出来やすくなり紫外線を原因とするシミ・そばかすが消えにくくなるなど、肌の老化を促進させてしまう原因にもなります。
また、心筋の合成にも関わるアミノ酸であるため摂取不足は心筋梗塞の遠因になる可能性もあります。

プロリンを多く含む食品は?

プロリンは動物性のゼラチン質や牛乳、小麦粉のグルテン質や大豆に多く含まれています。
ゼラチン質は加熱によって変成したコラーゲンであり、体内に吸収されるとプロリンやグリシン・アラニンなどのアミノ酸に分解された上でコラーゲンの再合成などに利用されます。
しかし、コラーゲンだけの摂取では再合成に充分なアミノ酸を摂取しきれないのでコラーゲン以外の食品からも摂取するようにしなければなりません。

  • バリン - 筋肉を育てるValine
  • アミノ酸配合品の効き目は? - 「アミノ酸配合」は本当に効くのか

  • 【アミノ酸の基礎知識】アミノ酸のメリット・種類・効率的な摂取方法をご紹介
  • 【必須アミノ酸9種とその働き】体内で作られない摂取しなければいけない栄養素
  • 【非必須アミノ酸11種について】体内で作られるアミノ酸の効果的な摂取方法と効果
  • 【アミノ酸コラム】デメリット、ダイエット、効果、GABA気になることを全て解決!