チロシン

チロシン〜心身を活発にさせる/Tyrosine

人間が築いてきた文化は、感情の発露を原動力としてきたものといえます。
しかし、最近は感情の起伏に乏しい人も増えてきており、社会に閉塞した感覚を覚えることも少なくありません。
感情の起伏を強め、生きている実感を強めてくれる手助けとなるアミノ酸・チロシンとはどのような性質を持っているのでしょうか?

チロシンの効果について

チロシンは非必須アミノ酸の一つで、体内では必須アミノ酸であるフェニルアラニンを原料として合成されます。
チロシンはアドレナリン・ノルアドレナリン・ドーパミンなどの脳内物質、甲状腺ホルモン、皮膚のメラニン色素などの原料として体内で消費されます。

興奮と共に分泌されるアドレナリン・ノルアドレナリンは運動能力を引き出す助けとなり、リラックス状態で分泌されるドーパミンは学習能力の向上に関わります。
甲状腺ホルモンは代謝活動を活発化させ、メラニン色素は細胞組織を紫外線から守る役目を持っています。

チロシンの摂取はストレス下の気分の改善や、うつ病やパーキンソン病の予防に効果を発揮するといわれ、現代人には欠かせない栄養素の一つとなっています。

チロシンの過剰摂取や摂取不足について

チロシンの過剰摂取が身体に悪影響を及ぼすという報告例は無いものの、日焼けによる変色を起こすメラニン色素の原料であるため、摂取しすぎると肌のシミ・ソバカスが発生しやすくなります。
逆にチロシンの摂取不足になると、甲状腺ホルモンや脳内物質の分泌量が減少して代謝活動の減退や無気力状態に陥る恐れが強くなります。

具体的には食欲のコントロール機能が低下して食べ過ぎを起こし肥満を引き起こし、感情の起伏を促すアドレナリン・ノルアドレナリンの分泌量が減少することで気力減退に繋がってしまうのです。
脳内物質や甲状腺ホルモンの減少と同時に起こるメラニン色素の減少は、白髪の原因になってしまいます。
また、成長著しい乳幼児がチロシン不足になると発達障害や成長障害を起こしてしまう原因になります。

チロシンを多く含んでいる食品は?

チロシンはバナナやアボガドといった果物に苦味成分として多く含まれています。例えばりんごに含まれているチロシンは空気に触れるとメラニン色素を生成して身を褐色にする働きを持っています。
また、たけのこの断面に浮かぶ白い粉末はチロシンの結晶で、結晶化するほど多く含んでいます。

果物やたけのこ以外では大豆やチーズ、たらこに多く含まれています。
チロシンは糖分と一緒に摂取すると吸収効率がよくなるため、果物で摂取するのが効率よい摂取方法となります。

  • バリン - 筋肉を育てるValine
  • アミノ酸配合品の効き目は? - 「アミノ酸配合」は本当に効くのか

  • 【アミノ酸の基礎知識】アミノ酸のメリット・種類・効率的な摂取方法をご紹介
  • 【必須アミノ酸9種とその働き】体内で作られない摂取しなければいけない栄養素
  • 【非必須アミノ酸11種について】体内で作られるアミノ酸の効果的な摂取方法と効果
  • 【アミノ酸コラム】デメリット、ダイエット、効果、GABA気になることを全て解決!
関連リンク