グリシン

グリシン〜安眠に欠かせない/Glycine

健康を維持する為には、栄養バランスの良い食事と充分な睡眠が必要です。
睡眠は、身体が成長のための代謝活動を行ない脳が記憶を整理し神経を休ませるという健康の為の大事な働きが行われているのです。

睡眠の質を向上させると言われるグリシンとはどのようなアミノ酸なのでしょうか。

グリシンの効果について

非必須アミノ酸であるグリシンは、体内ではセリンから合成されます。
グリシンの主な働きは、「体内でのコラーゲンの合成」「保湿作用」「抗酸化作用」が挙げられます。

コラーゲンは体内で骨や軟骨、筋肉・腱や皮膚の原料として利用されているたんぱく質です。
加齢と共に起こる関節痛や腰痛はコラーゲンの不足を原因としているため、グリシンの摂取は重要な意味を持ちます。
また、皮膚の潤いを保つ保湿作用は肌の張りの維持と肌荒れ防止に効果を発揮します。

抗酸化作用は、老化の原因となる活性酸素の生成を防止する効果があります。
最近の研究ではグリシンを充分に摂取していると、摂取量が足りない人に比べて早く深い睡眠状態に移行できることが分かっています。

睡眠には浅いレム睡眠と深いノンレム睡眠があり、グリシンはノンレム睡眠への移行をスムーズにして脳に休息を与えてくれるのです。

グリシンの過剰摂取と摂取不足について

天然物質であるグリシンは食品添加物としても使われていますが、ラット実験では呼吸筋の麻痺などが見られたため、過剰摂取による健康被害が懸念されていることも事実です。
食品添加物としてのグリシンは米飯の炊き上がりを艶やかにし、長持ちさせる効果を持っていることからコンビニのお弁当によく利用されています。

グリシンが不足すると体内でのコラーゲンの合成が滞り、膝や腰の関節痛や肌荒れ、筋肉痛などのトラブルを起こしやすくなってしまいます。
また、グリシンの不足は睡眠にも及び、寝つきが悪くなり寝不足を引き起こす恐れがあります。

グリシンを多く含む食品について

グリシンはコラーゲンの構造の30%以上を占める物質でもあり、動物性のコラーゲンを食べることがグリシンの効率的な摂取に繋がります。
牛スジや鶏軟骨・豚足、フカヒレやエイなどがコラーゲンを豊富に含む食品として知られています。
エビ・カニやイカなどの海産物のうま味成分としても作用しています。

また、コラーゲンが変性したゼラチン質を利用した料理である魚の煮凝りも、グリシンの摂取に向いています。
しかし、牛スジや豚足で摂取すると同時に多くの脂肪分も摂取することになるため、牛スジならば脂を煮こぼすといった手間を掛ける必要があります。

  • バリン - 筋肉を育てるValine
  • アミノ酸配合品の効き目は? - 「アミノ酸配合」は本当に効くのか

  • 【アミノ酸の基礎知識】アミノ酸のメリット・種類・効率的な摂取方法をご紹介
  • 【必須アミノ酸9種とその働き】体内で作られない摂取しなければいけない栄養素
  • 【非必須アミノ酸11種について】体内で作られるアミノ酸の効果的な摂取方法と効果
  • 【アミノ酸コラム】デメリット、ダイエット、効果、GABA気になることを全て解決!