グルタミン

グルタミン〜脳の働きを助ける/Glutamine

アミノ酸の摂取は健康的な身体を作るのに欠かせませんが、「健康的な身体」はアミノ酸の摂取だけでは得られないものです。適度な運動による筋肉トレーニングと充分な休息を合わせて、健康な身体が徐々に作られていくものなのです。

筋肉を育てる効果の高いアミノ酸であるグルタミンについて解説していきます。

グルタミンの効果について

非必須アミノ酸であるグルタミンは、体内では筋肉の50% 近くを構成する材料として存在しています。
そのため、グルタミンには筋肉を成長させ運動後の筋肉疲労を回復させるという効果があります。
また、激しい運動をした後や極度のストレス・手術後などには筋肉が壊れていく「筋タンパク崩壊」が起こることがありますが、グルタミンの摂取は筋タンパク崩壊を阻止する効果があるのです。

筋肉の育成以外にも象徴や大腸のエネルギー源や免疫力の強化に役立つ性質をもっています。
グルタミンは、グルタミン酸とアンモニアが酵素によって合成されて作られるため、体内での窒素代謝とも深い関係を持っています。
グルタミンはグルタミン酸の前駆物質としても体内で利用されています。

また、グルタミンはグルタミン酸やGABAの神経伝達物質の原料として利用されていることもあり、抗うつ作用を発揮することが分かっています。

このように、グルタミンは体中の隅々で効果を発揮する優れたアミノ酸なのです。

グルタミンの過剰摂取と摂取不足について

科学的にグルタミンを過剰摂取した場合に発生する副作用としては、肝臓へのダメージが疑われています。
しかし、グルタミン酸は全身で必要とされているアミノ酸であるため、多量に摂取していても不足しがちになるため過剰摂取を起こす恐れは低いものです。

逆に摂取量が足りないと、筋力の低下や消化不良、うつなどの精神面への影響などが起こりやすくなります。
身体全体で使用されるグルタミンは必要量が多くなりやすいため、偏った食事をしていると不足しがちになりやすいのが最大の難点といえます。

グルタミンを含む食品について

グルタミンは豚肉やレバーなどの肉類、カニやホタテなどの魚貝類、サトウキビやトマト・ほうれん草・パセリなどの野菜、大豆などの豆類、小麦をはじめとする穀類、牛乳やチーズなどの乳製品などに含まれています。
しかし、グルタミンは加熱したり酢を加えたりすると変性してしまう性質があるため、なるべく生の状態で食品を食べて摂取しなければならないというデメリットがあります。

そのため、効率よくグルタミンを摂取するには魚の刺身や野菜サラダ、牛乳などを盛り込んだメニューやサプリメントの利用が重要になります。

  • バリン - 筋肉を育てるValine
  • アミノ酸配合品の効き目は? - 「アミノ酸配合」は本当に効くのか

  • 【アミノ酸の基礎知識】アミノ酸のメリット・種類・効率的な摂取方法をご紹介
  • 【必須アミノ酸9種とその働き】体内で作られない摂取しなければいけない栄養素
  • 【非必須アミノ酸11種について】体内で作られるアミノ酸の効果的な摂取方法と効果
  • 【アミノ酸コラム】デメリット、ダイエット、効果、GABA気になることを全て解決!