システイン

システイン〜美白肌を作る/Cysteine

女性にとって「透き通るように白く、美しい肌」と「艶やかで指通りの良い髪の毛」は美貌の条件として憧れの対象であるといえます。
そのため、日焼けの原因となる紫外線対策や髪質を保つヘアケアは重要な身だしなみとなっています。

ここでは美容に関わるアミノ酸であるシステインを紹介していきます。

システインの効果とは?

システインは構造基に硫黄を持つアミノ酸の一つで、体内では必須アミノ酸であるメチオニンから合成されています。

システインには老化防止につながる抗酸化作用と、肝臓に働きかけて有害物質を無害化する酵素を分泌させる効果、ブドウ糖の代謝やコラーゲンの生成を促進する効果を持っており、身体の調子を整え健康に保つ手助けをしてくれます。
またシステインは、体内では髪の毛・手足の爪・皮膚に多く含まれており、髪の毛・爪・皮膚を構成しています。

システインには、皮膚にあるメラニン色素を活性化させる酵素「チロシナーゼ」の分泌を抑制する働きがあり、メラニン色素を原因とするシミ・そばかすの予防に繋がります。

メラニン色素は、紫外線を受けることによって活性化して皮膚を褐色に変色させる働きを持っているので、美しい髪の毛と白い肌を維持する上でもシステインの摂取は欠かせないものとなっているのです。

システインの過剰摂取と不足について

システインの過剰摂取は白髪を増やしてしまうといわれていますが、因果関係などは立証されていません。
システインを過剰摂取すると、本来ならばシステインが持つ抗酸化作用で減少するはずの活性酸素が増加することが分かっています。
活性酸素は老化の原因になるといわれているため、摂り過ぎは逆効果となります。

また、システインは体内でシスチンと呼ばれるアミノ酸に変化し、シスチン結石を作る原因となるため腎臓障害を持つ人は摂取量に注意しなければなりません。
システインは髪の毛や爪だけでなく網膜にも必要なアミノ酸である上に、飲酒や眼精疲労・加齢・過度のダイエットなどによって不足しがちになる性質を持っています。

システインが不足するとシミ・そばかす・薄毛・切れ毛などを引き起こす為、充分な摂取だけでなく生活の節制も重要になってきます。

システインを多く含んでいる食品は?

システインは小麦胚芽・えん麦などの穀物や唐辛子・ニンニク・芽キャベツなどの野菜、牛肉・羊肉や牛乳などに多く含まれています。
肌の美白効果を高める為にはシステインとビタミンCを同時に摂取するのが良いとされています。

肉で摂取するとビタミンCが不足するため、肉と野菜を一緒に食べられるメニューで摂取するようにしましょう。

  • バリン - 筋肉を育てるValine
  • アミノ酸配合品の効き目は? - 「アミノ酸配合」は本当に効くのか

  • 【アミノ酸の基礎知識】アミノ酸のメリット・種類・効率的な摂取方法をご紹介
  • 【必須アミノ酸9種とその働き】体内で作られない摂取しなければいけない栄養素
  • 【非必須アミノ酸11種について】体内で作られるアミノ酸の効果的な摂取方法と効果
  • 【アミノ酸コラム】デメリット、ダイエット、効果、GABA気になることを全て解決!
関連リンク