アルギニン

アルギニン〜成長ホルモンを生み出す/Arginine

アミノ酸を摂取することで得られる効果の一つに「成長促進」があります。この場合の成長は、「身長が伸びるなど大人になっていく」という意味だけではなく「細胞の新生を含む全身の新陳代謝」という意味があります。
子供は前者、大人は後者を重視して成長促進効果のあるアミノ酸を摂取しなければならないのです。

成長促進作用があり、子供に合成できない非必須アミノ酸の一つ・アルギニンについて解説していきます。

アルギニンの効果について

アルギニンは体内で合成できる非必須アミノ酸ですが、一定の年齢に達していない子供には合成できないため「条件付の必須アミノ酸」となっています。

アルギニンは細胞の新陳代謝を促進し身体を育てる成長ホルモンを合成するための材料で、子供の成長や成人の筋肉維持や老化防止に大きく関わります。
成長ホルモンの十分な分泌は、筋肉の強化だけでなく脂肪燃焼や骨格の強化にもかかわり、健康で頑強な身体を作るためには欠かせないものなのです。

また、アルギニンの摂取は免疫機能の増強効果や一酸化窒素の合成による血管拡張効果があります。
体内に取り込まれた窒素は最終的にはアンモニアとして蓄積・排出されるため、アルギニンはアンモニアを除去する効果も持っているといえます。

また、アルギニンには男性特有の悩みであるEDを改善する効果もあるため、欠かすことの出来ない栄養素の一つともなっています。

アルギニンの過剰摂取と摂取不足の影響は?

アルギニンはアルカリ性を持っているため、過剰摂取すると弱酸性の消化器官にダメージを与え、下痢を引き起こす恐れがあります。
下痢以外にも肌荒れや関節肥大がありますが、摂取を控えることで改善されます。

また、口唇ヘルペスなどの原因になるヘルペスウィルスは体内のアルギニンを使って増殖する性質があるため、ヘルペスが出ているときはアルギニンを摂取しすぎないようにしなければなりません。

逆にアルギニンの不足は、成長阻害だけでなく生活習慣病の発病リスクを上昇させてしまいます。
アルギニンは血管拡張効果で血液の流れをスムーズにして動脈硬化を予防し、脂肪燃焼効果で高脂血症を予防しているからです。

アルギニンを含む食品について

アルギニンを含んでいる食品として真っ先に挙げられるのが米です。精米された白米よりも玄米の方がアルギニンを多く含んでおり、健康食としても高い評価を受けています。
米以外には、大豆・ゴマ・胡桃・落花生などの豆類やナッツ類、鶏肉やエビ、牛乳などが挙げられます。

アルギニンはビタミンC・Eと合わせて摂取すると吸収効率が良くなるので、ビタミンを豊富に含んでいる緑黄色野菜と合わせた献立で摂取するのが良いでしょう。

  • バリン - 筋肉を育てるValine
  • アミノ酸配合品の効き目は? - 「アミノ酸配合」は本当に効くのか

  • 【アミノ酸の基礎知識】アミノ酸のメリット・種類・効率的な摂取方法をご紹介
  • 【必須アミノ酸9種とその働き】体内で作られない摂取しなければいけない栄養素
  • 【非必須アミノ酸11種について】体内で作られるアミノ酸の効果的な摂取方法と効果
  • 【アミノ酸コラム】デメリット、ダイエット、効果、GABA気になることを全て解決!