アスパラギン酸

アスパラギン酸〜疲労回復の味方/Aspartic acid

食事の目的には「美味しいものを食べて心をリフレッシュさせる」「身体を作るための栄養を取る」事だけでなく「身体が必要としている栄養を補う」事も含まれています。
そして、蓄積した疲労を取り去る為には休息だけでなく食事も大きな役割を果たすのです。

疲れを取るための食事に欠かせないアミノ酸・アスパラギン酸とはどのような性質を持っているのでしょうか?

アスパラギン酸について

アスパラギン酸は、アスパラギンと同じくアスパラガスから発見された非必須アミノ酸です。アスパラギンの加水分解によって得られる性質があり、体内ではアンモニアの化合・分離によってアスパラギン酸とアスパラギンが交互に入れ替わるように変化しています。
アスパラギン酸は、身体を動かす為のエネルギー代謝やたんぱく質代謝の過程で発生するアンモニアを構成する窒素代謝に深く関わる物質となっています。

アスパラギン酸はアンモニアの排出にも関わっていて、尿の合成を促進することでアンモニアの排出をサポートする働きを持っています。
また、アスパラギン酸はカルシウムやカリウム、マグネシウムといったミネラルを全身に運ぶ役割を持っており、骨の強化や血液の塩分調整などにも関わっています。

アスパラギン酸の摂取は、アスパラギンと同じくスタミナの増進に深く関わっていてスポーツドリンクに配合されるなど利用されています。

アスパラギン酸の過剰摂取・摂取不足について

アスパラギン酸は体内でのたんぱく質合成に使われるアミノ酸でもあるため、過剰摂取によるリスクは報告されていません。
しかし、アミノ酸自体の過剰摂取はショック症状を引き起こす恐れがあるため、取りすぎには注意しておくべきでしょう。

アスパラギン酸の摂取不足は、スタミナの減少だけでなく痛みや熱さなどの外的な刺激への抵抗力が下がってしまうことが分かっています。
また、アスパラギン酸の働きであるアンモニア排出が滞り、血中のアンモニア濃度が高まり肝性脳症を発症するリスクが高まります。

アスパラギン酸を多く含む食品とは?

アスパラギン酸はその名の通り、アスパラガスに多く含まれています。
アスパラガス以外には豆類・大豆もやし、サトウキビやらっきょうなどの野菜や豆類、うなぎ・マグロなどの魚類が挙げられます。

アスパラギン酸はビタミンのように加熱すると構造が壊れてしまう性質があるため、調理の際は加熱しすぎないように注意しなければなりません。
前述のように摂取不足は深刻な健康被害を引き起こす恐れがあるため、アスパラガスやもやしで摂取する際には高温で手早く短時間で茹でて、過熱時間を短くするように心がけましょう。

  • バリン - 筋肉を育てるValine
  • アミノ酸配合品の効き目は? - 「アミノ酸配合」は本当に効くのか

  • 【アミノ酸の基礎知識】アミノ酸のメリット・種類・効率的な摂取方法をご紹介
  • 【必須アミノ酸9種とその働き】体内で作られない摂取しなければいけない栄養素
  • 【非必須アミノ酸11種について】体内で作られるアミノ酸の効果的な摂取方法と効果
  • 【アミノ酸コラム】デメリット、ダイエット、効果、GABA気になることを全て解決!