イソロイシン

イソロイシン〜神経の働きを向上させる/Isoleucine

必須・非必須に関わらずアミノ酸を摂取することは健康的な生活を送る為にも、各種スポーツで好成績を出す為にも欠かすことの出来ない重要な要素といえます。
特に、筋肉の成長に関わり運動時のエネルギー源になる必須アミノ酸・分岐鎖アミノ酸(BCAA)の摂取は、スポーツ選手にとって欠かせないものです。

中でも神経の働きをサポートしてくれる性質を持つイソロイシンとはどのようなアミノ酸なのでしょうか?

イソロイシンについて

イソロイシンは必須アミノ酸の一つであり、筋肉の成長に関わる分岐鎖アミノ酸の一つでもあります。
イソロイシンを摂取することで、BCAA特有の筋肉や身体の成長促進や血管拡張効果を受けることが出来ます。
また、肝機能向上効果もあり健康な身体作りに大きな役割を果たします。

イソロイシン固有の効果として「神経の働きの補助作用」があります。
脳からの指令と末端組織からの反応をやり取りする神経は誰にでもあるものですが、反射速度などの働きの強さには個人差があり判断力や運動能力の高さに影響を与えるのです。

イソロイシンは神経の働きを補助し、判断力や反射速度などの向上に一役買います。
また、BCAAであるイソロイシンは身体を作るだけでなく筋肉を動かすエネルギー源としても作用しますが、バリン・ロイシンよりも効率が良いエネルギー源として働くことが分かっています。

イソロイシンの過剰摂取と摂取不足について

イソロイシンを過剰摂取すると、他のBCAAであるバリン・ロイシンとのバランスが崩れて体重減少を招きます。
体重減少以外にも、ブドウ糖の代謝やアンモニア排出を阻害してしまうことが分かっています。

逆にイソロイシンの不足は、筋肉を動かすエネルギー源の不足に直結します。
不足した分のエネルギーを補う為にたんぱく質の固まりである筋肉が分解され、筋肉の減少が発生してしまいます。
しかし、イソロイシンは多くの食品に含まれているため滅多に不足することは無いものです。

ただし激しい運動でエネルギー消費が大きいスポーツ選手は、運動の合間にスポーツドリンクなどでBCAAを摂取することを心掛ける必要があります。

イソロイシンを多く含む食品は?

イソロイシンは、たんぱく質を含有する食品の多くに含まれているため肉・魚・野菜・豆類・穀類・乳製品などほぼ全ての食品に含まれていると言っても過言ではないでしょう。
特に多くイソロイシンを含んでいる食品には、子牛肉・鶏肉・鮭・牛乳・プロセスチーズなどが挙げられます。

イソロイシンを摂取する場合はなるべく脂肪分の少ない部位を選び調理するようにしましょう。

  • バリン - 筋肉を育てるValine
  • アミノ酸配合品の効き目は? - 「アミノ酸配合」は本当に効くのか

  • 【アミノ酸の基礎知識】アミノ酸のメリット・種類・効率的な摂取方法をご紹介
  • 【必須アミノ酸9種とその働き】体内で作られない摂取しなければいけない栄養素
  • 【非必須アミノ酸11種について】体内で作られるアミノ酸の効果的な摂取方法と効果
  • 【アミノ酸コラム】デメリット、ダイエット、効果、GABA気になることを全て解決!