ロイシン

ロイシン〜肝機能を強化する/Leucine

肝臓は栄養分の代謝活動や血液中の老廃物を分解・除去し、非常時のエネルギー貯蓄など生命活動を支えるために働く、まさに縁の下の力持ちといえる臓器です。
しかし、私たちは日常生活の中では肝臓に感謝することはあまり無く、逆に呑みすぎで肝臓を痛めつけていることもしばしばです。

そんな肝臓を労わり、強くするアミノ酸・ロイシンについて解説していきます。

ロイシンについて

ロイシンは必須アミノ酸の中であり、筋肉の成長に欠かせない分岐鎖アミノ酸(BCAA)の一つに数えられています。
ロイシンの代表的な効果は肝機能の向上です。

肝臓の機能には、消化器官で取り込んだ栄養素を全身に送り込む代謝活動や細胞から集められた老廃物の分解、身体を動かす為のエネルギー源となるグリコーゲンの代謝・貯蓄などがあります。
これだけの機能を持ち、働き続ける肝臓は生活内容の乱れによって機能低下を起こしてしまうことも珍しくないという弱点を持っています。

ロイシンの摂取は、弱った肝臓を労わり肝機能の向上を促す働きを持っています。
また、BCAAとしての作用により筋肉の成長促進と筋肉を維持する効果、運動時のエネルギー源としての効果も併せ持っています。
特にロイシンはBCAAの中でもたんぱく質の構成に深く関わっているため、育毛にも効果を発揮します。

ロイシンの過剰摂取・摂取不足について

ロイシンの過剰摂取は免疫力の低下を招くとされていますが、普通の食生活をしている限りは過剰摂取が起こらないため余り気にしなくていいものといえます。
逆にロイシンが不足した場合、肝機能の低下によってグリコーゲン合成が滞るようになってしまいます。

グリコーゲンは膵臓から分泌されるインシュリンの働きでブドウ糖から合成されているので、ロイシンの摂取不足を起こすとインシュリンの分泌が減少してしまうのです。
インシュリンの減少は血糖値の上昇を招き、腎機能の低下や糖尿病の原因になってしまうのです。
また、BCAAであるロイシンの不足は筋力の低下や疲労の蓄積などを引き起こしてしまいます。

ロイシンを多く含んでいる食品について

ロイシンは動物性たんぱく質に多く含まれており、多く含む食品としては牛肉やロースハム、レバー、アジや鮭などの魚、脱脂粉乳やチーズなどの乳製品、高野豆腐、ほうれん草などが挙げられます。

BCAAであるロイシンは、スポーツ選手にとって欠かせない栄養素の一つですが充分な量を摂取しようとするとなると、動物性たんぱく質に付き物の脂肪分を余分に取り込んでしまうことになるというデメリットがあります。
ロイシンなどのBCAAを摂取する献立を考える場合は、他の栄養にも気を配らなければならないのです。

  • バリン - 筋肉を育てるValine
  • アミノ酸配合品の効き目は? - 「アミノ酸配合」は本当に効くのか

  • 【アミノ酸の基礎知識】アミノ酸のメリット・種類・効率的な摂取方法をご紹介
  • 【必須アミノ酸9種とその働き】体内で作られない摂取しなければいけない栄養素
  • 【非必須アミノ酸11種について】体内で作られるアミノ酸の効果的な摂取方法と効果
  • 【アミノ酸コラム】デメリット、ダイエット、効果、GABA気になることを全て解決!
関連リンク