バリン

バリン〜 筋肉を育てる/Valine

身体を動かしている筋肉は、身体のいたるところに存在しています。全身に血液を送り込む心臓も筋肉の固まりであり、身近で重要な存在といえます。
しかし、運動不足や老化で筋肉が衰えると腰や膝などに関節痛を引き起こし、日常生活を困難にしてしまう恐れがあります。

筋肉を維持し、育てる為に欠かせないアミノ酸・バリンについて紹介します。

バリンとは?

必須アミノ酸の一つであるバリンは、ロイシン・イソロイシンと合わせて「分岐鎖アミノ酸(BACC)」と呼ばれています。
BACCは筋肉の成長と維持に欠かせない性質を持ったアミノ酸で、筋肉のエネルギー源として作用するためスポーツ選手にとって絶対摂取しなければならないアミノ酸となっています。

バリンは、血液中の窒素バランスをコントロールする効果があります。
筋肉には多くの窒素が取り込まれており、窒素バランスがマイナスになると筋肉が分解して窒素を放出して窒素バランスを保とうとします。
窒素バランスがプラスになると筋肉は窒素を取り込むことで成長しようとします。

バリンの摂取は窒素バランスをプラスにする効果があり、筋肉の成長だけでなく運動能力を維持する上でも重要なアミノ酸として働くのです。
また、食欲不振の改善にも効果があり病院で経口摂取剤として処方されることがあります。

バリンを過剰摂取すると…

筋肉を育て、運動の為のエネルギー源になるバリンも過剰摂取すると体重の減少を伴うアミノ酸バランスの崩壊を引き起こす原因になります。
アミノ酸のバランスが崩れると、肝臓・腎臓への負担の増加による機能低下や免疫力低下なども起こりやすくなります。

過剰摂取による体重減少をダイエット法として紹介しているウェブサイトなどもあるようですが、体調の低下や病気になるリスクの増大をなどの副作用があるので、安易な考えで行うのは禁物です。

余談ですが赤血球が鎌状に変形する遺伝性の病気・鎌状赤血球症は、ヘモグロビン中のグルタミン酸がバリンに置換されることで赤血球の変形が発生しています。

バリンを多く含む食品

バリンを摂取する際には、他のBACCであるロイシン・イソロイシンもバランスよく摂取することが重要です。バリンを多く含む食品としては、レバーや子牛肉などの肉類、脱脂粉乳やプロセスチーズ、落花生やレンズマメなどが挙げられます。

これらの食品には、他のアミノ酸も含まれているためバランスの良い献立を心掛けていればアミノ酸バランスが偏ることは回避できるものです。
しかし、スポーツドリンクなどにBACCが配合されているものもあるため、スポーツ選手はアミノ酸の摂取限度量である1日10gをオーバーしてしまわないように気をつける必要があります。

  • バリン - 筋肉を育てるValine
  • アミノ酸配合品の効き目は? - 「アミノ酸配合」は本当に効くのか

  • 【アミノ酸の基礎知識】アミノ酸のメリット・種類・効率的な摂取方法をご紹介
  • 【必須アミノ酸9種とその働き】体内で作られない摂取しなければいけない栄養素
  • 【非必須アミノ酸11種について】体内で作られるアミノ酸の効果的な摂取方法と効果
  • 【アミノ酸コラム】デメリット、ダイエット、効果、GABA気になることを全て解決!