フェニルアラニン

フェニルアラニン〜痛みを和らげる/Phenylalanine

日常生活の中では、不慮の事態に遭遇してケガをすることや病気を患ってしまうことは良くあるものです。
病気やケガに伴って発生する痛みは、身体に異常が起こっている警告のサインとしての意味を持っていますが、その強さや長さは意識を乱して動きを止めてしまいます。

痛みを抑えるために重要な役目を果たすアミノ酸・フェニルアラニンについて紹介していきます。

フェニルアラニンとは?

フェニルアラニンは必須アミノ酸の一つで、非必須アミノ酸であるチロシンとなってドーパミンやノルアドレナリン・アドレナリンなどの興奮性の神経伝達物質を作り出す性質を持っています。

これらの神経伝達物質が分泌されると、興奮状態または幸福感を覚えます。フェニルアラニンそのものには痛みを抑える効果があり、人工的に合成されたD-フェニルアラニンは鎮痛剤として医療現場で利用されています。

フェニルアラニンの摂取は抑うつ状態の予防に繋がり、今や現代病と言われるうつ病対策として重要な役目を果たしています。
また、人工甘味料であるアステルパームはフェニルアラニンやアスパラギン酸を原料として生成されています。

フェニルアラニンを取りすぎると…

一般には「フェニルアラニンは脳内に存在している物質なので取りすぎても問題ない」と考えられており、過剰摂取に対するリスクは低いと見做されています。
しかし、フェニルアラニンの過剰摂取は血圧の上昇を招き、心臓病などのリスクを高めてしまう恐れがあるのです。

また、フェニルアラニンを脳内に取り込む為の器官である「血液脳関門」は、同じく必須アミノ酸のトリプトファンと同一のものが使われているためフェニルアラニンが過剰摂取で大量に存在するとトリプトファンの取り込みが阻害され、セロトニンの生成量が減少してしまうという弊害もあります。

フェニルケトン尿症とは?

乳幼児に発生する「フェニルケトン尿症」は、フェニルアラニンをチロシンに合成する酵素が充分に分泌されない為に起こる先天性疾患で、知能障害などを引き起こす恐れがあります。

対策としてはフェニルアラニンを含むたんぱく質のコントロールを行う対処療法がありますが、アステルパームを含む飲料・食品の摂取は望ましいものではないという見解が出されています。

フェニルアラニンを多く含む食品

フェニルアラニンは肉や魚、乳製品の他にカボチャの種やもやし、落花生やそばなどにも多く含まれています。
また、アステルパームは加水分解するとフェニルアラニンやアスパラギン酸に戻る為、アステルパーム配合の清涼飲料水やお菓子などでも摂取できるといえます。

逆に言うと、意識していないと過剰摂取しがちになるアミノ酸でもあるため、高血圧の人・心臓病を患っている人や妊婦は充分に注意しなければなりません。

  • バリン - 筋肉を育てるValine
  • アミノ酸配合品の効き目は? - 「アミノ酸配合」は本当に効くのか

  • 【アミノ酸の基礎知識】アミノ酸のメリット・種類・効率的な摂取方法をご紹介
  • 【必須アミノ酸9種とその働き】体内で作られない摂取しなければいけない栄養素
  • 【非必須アミノ酸11種について】体内で作られるアミノ酸の効果的な摂取方法と効果
  • 【アミノ酸コラム】デメリット、ダイエット、効果、GABA気になることを全て解決!