種類

アミノ酸の種類〜たんぱく質を構成する

現在確認されているだけでも10万種類存在しているといわれているたんぱく質は、僅か20種類のアミノ酸の組み合わせによって成り立っています。
そしてたんぱく質の構成に関わらないアミノ酸も存在しているのです。

アミノ酸の大まかな分類について

アミノ酸は、たんぱく質を構成している20種類を中心とする分類がなされているといえます。
この20種類の内、たんぱく質の消化分解で合成できないものを「必須アミノ酸」、たんぱく質の消化分解で生成されるものを「非必須アミノ酸」と呼びます。

必須・非必須以外のたんぱく質の構造に関わらないアミノ酸は、「異常アミノ酸」と呼ぶ場合があります。

必須アミノ酸

たんぱく質の消化・分解の過程で合成できない必須アミノ酸は、人間の場合9種類存在します。
人間以外の動物の場合、消化能力の違いから「人間にとっての非必須アミノ酸」が必須アミノ酸になることがあります。

人間にとっての必須アミノ酸は「トリプトファン」「フェニルアラニン」「バリン」「トレオニン(スレオニン)」「リシン(リジン)」「ロイシン」「メチオニン」「イソロイシン」「ヒスチジン」の9種類となっています。

非必須アミノ酸

非必須アミノ酸はたんぱく質の消化・分解の過程で合成される性質を持っています。
この性質と名称のためか、積極的に摂取しなくても良いと思われがちですがたんぱく質を消化・分解しただけでは不足することもしばしばです。

非必須アミノ酸に数えられるアミノ酸には「アラニン」「アルギニン」「アスパラギン」「アスパラギン酸」「グルタミン」「グルタミン酸」「セリン」「システイン(シスチン)」「チロシン」「グリシン」「プロリン」の111種類があります。

その他のアミノ酸

上記でご紹介した必須アミノ酸・非必須アミノ酸に含まれていないアミノ酸は、たんぱく質の消化・分解で合成されるのではなく必須アミノ酸・非必須アミノ酸を体内で合成する、もしくは食品から摂取する形で体内に吸収されます。

代表的なその他のアミノ酸はどのようなものがあるのでしょうか。

タウリン

スタミナドリンクに配合されている事で知られるタウリンも、システインか羅合成されるその他のアミノ酸に分類されています。

ネコはタウリンを体内で合成できないため、猫にとっての必須アミノ酸となっています。
タウリンは肝機能を向上させ血圧を降下させる働きを持っています。

クレアチン

筋肉が貯蔵するエネルギー源であるクレアチンは、アルギニンとグリシンを体内で合成することで得られるアミノ酸です。

クレアチンは瞬発力を必要とするスポーツで多く消費される傾向にあり、スポーツドリンクに配合されています。

テアニン

お茶の旨味の元となるテアニンも、その他のアミノ酸に属しています。

テアニンはグルタミン酸に近い構造を持っており、高いリラックス効果を齎す働きを持っています。

  • バリン - 筋肉を育てるValine
  • アミノ酸配合品の効き目は? - 「アミノ酸配合」は本当に効くのか

  • 【アミノ酸の基礎知識】アミノ酸のメリット・種類・効率的な摂取方法をご紹介
  • 【必須アミノ酸9種とその働き】体内で作られない摂取しなければいけない栄養素
  • 【非必須アミノ酸11種について】体内で作られるアミノ酸の効果的な摂取方法と効果
  • 【アミノ酸コラム】デメリット、ダイエット、効果、GABA気になることを全て解決!