摂取方法

アミノ酸の摂取〜アミノ酸を多く含む食品

食事はただ栄養を摂取するだけの手段ではなく、美味しいものを食べることの喜びやお腹一杯食べることで得られる満足感などの精神的に満たされる為の手段でもあります。

食事を通してアミノ酸を効率よく摂取する為には、どのような食品を選べば良いのでしょうか?

どんな食品がアミノ酸を含んでいるのか

アミノ酸はたんぱく質と共に細胞を構成する材料になっているため、肉・魚・野菜・穀物などの代表的な食品の全てに含まれているといえます。
つまり、私たちは知らず知らずの内にアミノ酸を食事の中で摂取しているといえます。

しかし、偏食をしているとたんぱく質・アミノ酸やビタミンの不足を招き体調悪化の原因に繋がってしまいます。

アミノ酸を多く含む食品は?

アミノ酸の含有量が多い食品としては、たんぱく質が多い動物性の「肉類」「魚介類」「乳製品」が挙げられます。
次いで植物性たんぱく質を多く含む「豆類」、脂質が少なく炭水化物を多く含む「穀類」が挙げられます。それぞれの食品の特徴について解説します。

肉類

豊富なたんぱく質と共にアミノ酸を多く含む牛肉・豚肉・鶏肉などの肉類は、現代の食生活において主役を務める食品といえます。

最近では脂肪燃焼効果を持つアミノ酸「L-カルニチン」を多量に含み低コレステロールである羊肉が注目を浴びています。肉類はたんぱく質・アミノ酸と同じ位に脂質を多く含む為、食べすぎると生活習慣病の原因となるため慎重な献立の組み立てが要求されます。

魚介類

魚や貝などの魚介類は、肉に匹敵するたんぱく質・アミノ酸の含有量を誇ると同時に多くのミネラルやヘルシーで上質な脂質を含むという利点を備えています。

しかし、サバのようにアレルギーを起こしてしまうこともあるため、食べられないことも少なくない難しい食品といえます。

乳製品

牛乳やチーズなどの乳製品には、子供を育てる為のたんぱく質・アミノ酸が豊富に含まれています。

しかし、日本人には牛乳に含まれる乳脂肪を消化しきれない体質の人も少なくない為、無理して牛乳を飲むとお腹を下してしまうことがあるのが難点といえます。

豆類

「畑の肉」と言われる大豆には豊富なたんぱく質・アミノ酸が含まれています。
豆腐や味噌・納豆などの大豆の加工食品も同様で、味噌や納豆は発酵作用によってアミノ酸やビタミンが増加しているという利点を持っています。

しかし、女性ホルモン様物質であるイソフラボンも多く含まれているため、過剰摂取は禁物です。

穀類

米や小麦などの穀類には、アミノ酸がバランスよく含まれています。

しかし、世界中で主食とされている小麦は米に比べてアミノ酸含有量が余り豊かではないという弱点を持っています。
そのため、パンを主食とする食生活を送る人は米食の場合よりも栄養バランスを考えた食事を取ることが重要になっていきます。

  • バリン - 筋肉を育てるValine
  • アミノ酸配合品の効き目は? - 「アミノ酸配合」は本当に効くのか

  • 【アミノ酸の基礎知識】アミノ酸のメリット・種類・効率的な摂取方法をご紹介
  • 【必須アミノ酸9種とその働き】体内で作られない摂取しなければいけない栄養素
  • 【非必須アミノ酸11種について】体内で作られるアミノ酸の効果的な摂取方法と効果
  • 【アミノ酸コラム】デメリット、ダイエット、効果、GABA気になることを全て解決!